二条駅前三浦内科クリニック

  • 〒604-8375 京都市中京区西ノ京池ノ内町20-110 京都メディカルビル3F

二条駅前三浦内科クリニック

MENU

Medical

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症外来

日本の骨粗鬆症患者さんは1200万人を超えています。要介護となる主な原因の一つでもあり、骨粗鬆症への対策は社会的にも大きな課題です。ですが、骨粗鬆症健診の受診率は非常に低く、きちんと診断され治療を受けている方は、ごく一部にすぎません。

当院では、骨粗鬆症診断に最も信頼できるDXA法の骨密度測定機器を導入し、正確な診断および治療の評価を行っていきます。

 

骨粗鬆症とは、骨の量が減少することで骨が弱くなり、骨折を起こしやすくなる病気です。

骨粗鬆症自体による症状はほとんどありませんので、骨折する前に早期発見・早期治療が大切です。
特に加齢による骨密度(骨量)の低下は、程度の差はありますが誰にでも起こりえますので、65歳以上の方や、ご両親に大腿骨頚部骨折の既往のある方は是非一度、骨密度の測定をお勧めします。

Medical診療案内